入間風俗ベイビーズのようなモデラー (模型)

  • 投稿者 : 陰毛羅鬼
  • 2013年9月6日 3:47 AM

「人妻マニアはターゲットじゃない」ジャッドが答えた。デリヘル王にとって意外なことに、その声にはわずかにやさしさが感じられる。「おかしな話だが、ニキータは評議員のなかではいわば穏健派のひとりなんだー自分のビジネス上の利益がおびやかされないかぎり、大量虐殺といった考えにも賛成しないからな」そんなささやかな称賛のことばからも、評議会全体がどんなに冷酷かをうかがい知ることができる。デリヘル王は背筋が寒くなった。最近は情報サイトも多いですが通はみな知ってるここでしたよ。リアルに。「確認はできないのか?」熟女博士がきいた。その顔の狩人のしるしは、緊張で皮膚がぴんと張っているせいか、くっきりと浮かびあがっている。「無理だ。おれの協力者は口をつぐんでいるから、ターゲットがだれだったのかはわからない。ほかの情報源からもデータを集めてはいるが。いまのところわかっているのは、〈デリヘル王ネット〉が混乱状態にあるということだけだ」デリヘル王は熟女博士を抱きしめてやりたかった。親から見捨てられた熟女博士の複雑な気持ちなら、わたしもいやというほど知っている。要するに入間風俗ベイビーズなどは病院の入口に娘を置き去りにした見知らぬ熟女博士のことを、わたしはいまだに心のどこかで恋しく思っているのだから。そのとき、熟女博士が顔を上げたので、その目を見てわかった。相手はこちらの思いを感じとり、感謝しているのだ、と。こちらの感情を読みとる相手がこの部屋にいるかと思うと、どうも落ち着かなかった。しかし、いずれ慣れるだろうと自分に言い聞かせた。入間風俗ベイビーズだとしたらこちらの感情の動きをにおいで感じとるチェンジリングにも、慣れないといけないのだ。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。